作成 2016/8/15

C−1輸送機(001号機)地上展示
2016年06月04日(土)


航空自衛隊浜松基地広報館エアパークにC−1輸送機が地上展示していたので見に行ってきました。





今回展示されていたC−1輸送機は普段飛んでいる迷彩の緑のではなく、
あまり目にする事の無い岐阜基地所属の初号機(001号機)。
シルバーのボディの物でした。

初めて見るかなと思ったら息子が「岐阜航空祭で見たジャン」って突っ込みを(汗)よく覚えていますわ(笑)
パソコン写真確認したら確かに2回見てました(^^ゞ





















エプロン地区ではC−1輸送機の展示の他、貨物室内も公開され内部も見る事できました。
軽装甲機動車も展示してました。













個人的には迷彩塗装のC−1の方が格好良くて好きだなぁとの感想を・・。














エアパークに戻り、全天空シアターで爆睡し、息子の大好きなミニシュミレーターをトライ。
中級モードで一発で着陸しドヤ顔してました(笑)











今日までエプロン展示してますので興味ある方エアパークまで〜。

ご一緒いただいた皆様、ありがとうございました。






撮影:Canon EOS7D + EF-S15-85mm







「C−1輸送機地上展示」イベント 6月4日(土)、5日(日)

2016/5/21


 浜松広報館では、輸送機地上展示イベントを実施します。
飛行開発実験団が保有するC−1輸送機を地上に配置し見て頂くとともに、貨物室内も公開するする予定です。
あわせて軽装甲機動車も展示いたします。
 今回展示するC−1輸送機は初号機(001号機)であり、通常の迷彩塗装とは違う塗装になっています。
岐阜基地の航空祭以外ではなかなか見ることのできない機体です。ご期待ください!

○ 実施日時
   平成28年6月4日(土)、5日(日)(開館時間:0900〜1600、機内見学:0900〜1530)
○ 実施場所
   浜松広報館エプロン地区
○ 実施内容
   飛行開発実験団が保有するC−1輸送機を地上展示します。
   エプロン地区を開放し、間近に機体を見ていただくとともに、C−1輸送機搭乗員による貨物室内の説明も予定しています。
   あわせてC−1輸送機に搭載することが可能な軽装甲機動車を機体横に展示します。
   展示期間中、説明要員(機体の運用、整備に携わっている隊員)を配置し、来館者からの航空機に関するご質問にもお答えします。
○ その他
 1 駐車場に限りがあります。公共交通機関をご利用ください。
 2 ご不明な点がございましたら、浜松広報館(053−472−1121)までお気軽にお問合せください。
       
    ※本イベントは、都合により、変更又は中止となる場合がございますのであらかじめご了承ください。
 
     




当日のブログより引用



レポート目次>  <HOME





広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー