作成 2015/2/8

エア・フェスタ浜松2010
2010年10月17日(日)

2010年10月17日(日曜日)
毎年の楽しみの一つ、航空自衛隊浜松基地の航空祭が行われ、息子と自転車で行ってきました。
前日の予行は晴天でしたが、本番当日は降水確率こそ低いものの曇り空。
待ち時間には暑く無く良かったですが、飛行機を見たりブルーインパルスの描かれたスモークを見るには残念な天候でした。
開門予定8時にたいし、7時に開門したらしく、到着した8時ころには結構な混雑振りでした。

入場門(北門)





その後、練習機のT4が天候調査などで飛び立ちオープニングしました。
AWACSも離陸し、普段見られない旋回飛行やタッチ&ゴーなどを披露しました。
そして待ちに待った戦闘機の飛来です。
まずは小松基地からF−15です。
約200km離れた小松基地から15分ほどで飛来できると言うアナウンスに会場内ザワザワと。
2番機には元ブルーインパルスのパイロットバイパーさんが乗っていました。





岐阜基地からF−2B洋上迷彩色です。
F−15、F−2ともに機動飛行で大暴れしてくれて楽しめました。
音も体に響き感動しました。
肝心な息子ですが、2年前は大泣きしていたのが、今年は写真を撮る余裕ぶり。
でも前半は耳をふさいでしゃがんでいましたけどね(笑)





今年はブルーインパルス誕生50周年と言うことで、歴代のブルー3代が展示されていました。
普段は広報館に展示されているF86とT2ですが、エプロンに〜。
やっぱり飛行機は屋外が似合いますよね〜。
もっといっぱい撮りたかったのですが、デジカメの電池切れで携帯電話での撮影と・・・。
非常に悔やまれる撮影になりました。





午後になり後ろを振り返ると、この頃にはエプロン内は人で埋め尽くされていました。
今年はいつも以上に多かった感じも。
来場者発表12万人との事。





さて、メインイベントのブルーインパルスの展示飛行の開始です。





お友達が最前列をゲットしておいてくれたのでお陰様で良い写真も撮れました。
こんなのは最前列くらいしか撮れませんよね〜。TAKAさんに感謝〜!!!
念願の低空飛行を撮れました。
5番機によるローアングルテイクオフ。





なんと息子がコンデジで同じように撮っていました。
なかなかやってくれます!





会場が北基地なので終始逆光に。
曇天+逆光と写真撮影には最悪の条件でしたが、このような面白い写真も撮れました。
意外と私気に入っています!





5,6番機によるオポジットコンティニュアスロール
撮影のタイミングが難しいですが、ここまで2機の接近を撮れたのは初めてでした。
下の方に前の人の頭が入ったのは残念です・・・。





うまく交差が撮れました。
タッククロス。





白い画用紙に白いクレヨンで・・・(笑)
バーティカルキューピッド(ハート)を描きました。





最後の演目。
私の大好きなコークスクリュー。





おまけとして、ブルーインパルスの噴煙機。
ここからスモークが噴出されます。
アップで見れたのは初めてでした。





50周年との事でサプライズもあるかと思ったけどこれで終了。
来基した戦闘機の帰投やブルーの離陸を待っていましたが、「終了したのでお帰りくださ〜い」
との悲しいアナウンス。
ロープで一斉追い出しに入ってしまいました・・・・・。
50周年なんだから最後まで見させてよ!って思いつつも何も言えませんでしたけどね。
他の基地の航空祭では最後の離陸までサービスで見させてくれているようで、なんか後味悪い帰りでした。
これも土地柄でしょうかね(爆)

そんな感じで2日間に渡る浜松基地の航空祭が終わりました。
写真整理、疲労回復に終われ一週間遅れの報告でした。

さてと、24日の日曜日は岐阜基地航空祭に初参加してみるかなと(苦笑)


撮影機材:キャノン EOS40D + EF-S 100-400 USM L IS 、 キャノン IXY900IS
撮影枚数:2060枚(7.51G)
当日のブログより引用



レポート目次>  <HOME





広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー