作成 2015/2/14

そうだ、東京へいこう
2010年2月6日(土)〜7日(日)


そうだ、東京に行こう!!と言うわけで、東京行きを急遽計画しました。

ことの始まりが浜松駅での新幹線500系の撮影会。





帰宅後に写真整理していたら嫁が、
「近くで見れなくなっちゃうんだったら息子と乗ってくれば。」
って・・・。

そこから話がドンドン膨らみました。

浜松に500系は停まらないので、名古屋まで行って一区間の新横浜まで乗って帰るつもりでした。
せっかく横浜まで行くのだから東京まで・・・。
東京行くんだったら息子が東京タワー見たがっているから・・・。
そこまで行ったなら弟夫妻のマンションに泊まって従兄弟と遊んで・・。
翌日は埼玉の鉄道博物館に・・・。
ってなりました。



以下レポートです。

2/6〜7で東京方面に急遽遊びに行ってきました。
息子を連れて親子で行くはずが、バァバも同行し、宿が弟夫妻のマンションと至れり尽くせりの旅行になりました。

息子に話さないまま、新幹線を見にいこうと朝早く連れ出し、浜松駅へ。
突然バァバがいて驚きモードに(笑)

ここからは東海道線で隣の県の豊橋まで。
この地区では珍しく雪が積もるほど(数ミリ・・・)結構酷い積雪がありました。
豊橋からは名古屋鉄道で名古屋まで。
ここまで喜ぶかと思うきや、息子なぜかビビリモード。
500系見れるとイイね、と名古屋入り。

名古屋について撮影会。
普段浜松には停まらないN700などののぞみも停まるので興奮モードに。
積雪のため、定刻から遅れて30分ほど、来ました、のぞみ6号500系W8編成が。





乗ってみようか、と言い聞かせ(すでに浜松駅で東京までの乗車指定券は購入済み)強引に500系に乗せる。

車内は普通でした(笑)

噂どおり頭上の圧迫感を少し感じたかな。

ラストラン近しで500系人気もあり、車内はほぼ満席状態でした。





微妙な感じで浜松駅通過〜。





富士山が綺麗に見れました。





はやくも東京駅に着きました。
みな、ダッシュ!?
先頭車両がすごい事に。







始めてみた東海道線の始発点と、もうじき見れなくなるマーキング。







東京駅では2時間ほど電車を撮って楽しみました(笑)
風が強くとても寒かったけど、こういう機会は無いので頑張りました。
息子の言われるがまま、あっち行ったりこっち行ったり。
1号車が見たい、16号車が見たい、あっちのホーム行きたい、E系見たい・・・。
ホームを何往復したでしょうか・・。
新幹線の先頭から後尾まで400m、3往復はしました。それに他のホーム行ったりと。
タフですね、子供は・・・・・・。

長野・東北方面を走行するE系新幹線たち。







これが見たかった!こまちとの連結新幹線。それに懐かしの0系と同型の200系。







時間も無くなってきたので次なる目的地「東京タワー」へ。
初タワーです(^^ゞ
もうじき新タワーになるため、これも今のうちにとの思いもあります。
子供が鉄塔見て「東京タワー」と言うので本物を見せてあげたかったです。
下からの眺めと展望台からのお台場方面の眺めです。







ルックダウンウィンドウと言うガラス張りの見下ろすポイントです。
高所恐怖症の私でも見ること出来ました。





特別展望台は2時間待ちであきらめ、弟夫妻の待つ板橋へと。
数年ぶりの再会でした。
子供も大きくなっており、息子と仲良く遊んでくれました。
憧れのマンション住まい。一夜を楽しく過ごせました。
天気もよく、ベランダからは富士山が綺麗に見えましたよ。





猫を飼っていました。
猫アレルギーの私ですが・・・。
なんとかアレルギーも発症せずに良かったです。



この写真を撮った直後、シャッター音に驚き猫が暴れて、ばぁばを引っ掻きました。。。
超広角レンズで迫ったため、猫からほんの数センチの所で連写したのが不味かったようです(^^ゞ



翌日、数年前に埼玉に出来た鉄道博物館へ。
ようやく来れました。

1時間前に並びましたが200人待ちとか。
これでも少ないほうとのこと。
乗り物には乗る予定無かったのでそれほど急がなくても良かったです。
乗る予定のある方はもっと早く並ばないと、すぐに予約がいっぱいになっちゃうみたいですよ。

会場2階より1階フロアーのSLたち。
やはりここがメインでしょうかね。





次にHOゲージのジオラマです。
各種列車がいろんな形で動き出し、20分ほどのたびを楽しめました。







新幹線の連結器の可動デモをしていました。
懐かしいL特急「とき」もいました。







SLを乗せた転車台が回転してくれました。
人気のコーナーです。
イベント中、数回汽笛を鳴らしてくれます。
館内に鳴り響くとても綺麗な音色の汽笛でした。





お土産をいっぱい買い込んで浜松へと戻りました。
やっぱり東京駅では待ち時間に撮影会に(笑)
有意義な2日間でした。
同行してくれたばぁばと、お世話になった弟家族に感謝したいです。
それと行かしてくれた嫁にも感謝ですね。
嫁の一言が無かったらこんな企画は成り立ちませんでしたから(^^♪

当日のブログより引用



レポート目次>  <HOME





広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー