作成 2015/2/14

電車でループ
2007年8月20日


夏休み最後の日、以前から一度やってみたかった浜松市を中心に電車を使ってのグルリ一周旅を子供二人としてきました。
自分が子供の頃、好きだった電車にいろいろ乗った記憶を思い出しました。

自宅から浜松駅までバスで、浜松駅から遠州鉄道(赤電)を使い終点の西鹿島まで行き、西鹿島から併設する天竜浜名湖鉄道(旧JR線)の終点の新所原まで行き、
JR東海道本線で愛知県の豊橋駅へ、駅ビルで昼食休憩取り、新幹線で浜松まで戻りました。





天竜浜名湖鉄道は子供の頃(JR線だった頃)親と一緒に全線乗ったりと楽しんだ覚えがありますが、記憶にはあまり・・。第3セクターとなってからは初めて乗りました。
今は一両編成で地元の人や学生が乗って活躍しているといった雰囲気の電車でした。乗り心地も整備の面でも満足は出来ませんでしたが(車内やシートは綺麗だった)、なんか心安らぐ感じがしました。





田園風景や浜名湖の湖畔を走ったり、山側を走る際は木々が電車に当たる鬱蒼と茂った所を走ったりとしていました。





なんかハプニングだったのでしょうか?
運転手(ワンマン運転)が「しばらくお待ちください」と言って電車を止め走って行っちゃいました。踏み切りかポイント化信号の故障でしょうか?
しばらくして遥かかなたから戻ってきました。もっと近くに停めれば良かったのにと思いましたが・・





運転手が戻ってきました・・・





もうひとつのハプニング。
私の座った席の隣に縁日?の金魚が3匹ありました。
忘れ物だったのでしょうか?
気が付いてはいましたが、何だろう???って感じで。
そのうち駅に停まったとき運転手が「コレはお客さんの?」って聞いて周ったかと思うと、
降りて反対車線の上り列車の運転手に渡してました。
忘れ物の連絡が入ったようで戻る列車に持って行ってもらうみたいです。
なんかホンワカした田舎モードの電車でした。





息子が以前から新幹線に乗ったことなく、乗りたがっていたので一区間ですが乗ってきました。
さすがに浜松には「ひかり」や「のぞみ」は停まらないので300系の「こだま」に。





最初は初物に緊張していたのか固まっていましたが、だいぶなれて外の景色と車内を楽しんでくれました。





子供も楽しそうだからまた暇見つけて電車に乗りに行きたいです。
息子が乗りたがっていた新幹線も(一区間だけど)乗れて喜んでいたし。
当日のブログより引用



レポート目次>  <HOME





広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー